中建国保とは

中建国保(中央建設国民健康保険組合)は、それまで組合員が加入していた健康保険「日雇保険の擬制適用」が政府により一方的に廃止されたことをうけ、昭和45年8月1日、建設労働者・職人の手によって、建設労働者・職人のためにつくった自前の健康保険であり、その特徴を生かした運営が実施されています。
現在、全国29都県に32支部をおき、およそ28万人の被保険者が加入しています。
中建国保は、病気の早期発見・早期治療を促し医療費の適正化をすすめるとともに、国庫補助金の安定確保のため、被保険者の協力を得ながら大衆行動にも積極的に取組んでいます。また被保険者の健康を守り「いつでも・どこでも・だれでも良い医療が受けられる医療保険制度」の確立のため組織全体で一丸となって健全に事業運営を進めています。

中建国保の大きなメリット

『所得』によらない保険料体系

中建国保の保険料は、市町村国保のような「所得割」や「資産割」はなく、就労の形態・年齢・扶養家族の人数で決まります。30歳未満の若い組合員は特に保険料を抑えています。また、3歳未満の乳幼児は保険料を徴収しないため子育て世代も安心です。
組合員種別
内容
法人第1種法人事業所の事業主等
第1種個人事業所の事業主等
第2種一人親方等(1種・3種以外)
法人第3種法人事業所の従業員等
第3種個人事業所の従業員等
第4種25歳以上、30歳未満の者
第5種20歳以上、25歳未満の者
第6種20歳未満の者

払い戻し(償還金)制度で治療費が1ヵ月17,500円まで!!

70歳未満の組合員が、1つのお医者さんで1ヶ月に17,500円を超える負担をしたときは、その超えたぶんが償還金として払い戻されます。
万一の場合にも安心です。
注)加入した月から3ヶ月以内は支給しません。

休業手当(傷病手当金)は「入院1日8,000円・入院外最高1日4,000円」

組合員が病気で5日以上仕事を休んだときは、入院の場合1日8,000円を最長40日間、入院外の場合でも最高1日4,000円を最長40日間にわたり休業手当(傷病手当金)を受け取れます。
17,500円を超えた自己負担も払い戻されますので、治療に専念でき、安心して仕事に戻れます。
注)加入してから90日以内は支給しません。
組合員種別
入院
入院外
法人第1種・第1種8,000円4,000円
第2種8,000円3,600円
法人第3種・第3種8,000円3,200円
第4種8,000円2,800円
第5種8,000円2,400円
第6種8,000円2,000円

無料で健康診断を受診できます!!

中建国保に加入すると、組合員はもちろん20歳以上の家族被保険者も集団健診を無料で受診する事ができます。

保養施設の利用を補助!!

中建国保では、被保険者の健康増進のために、保養施設の利用者に1人あたり3,000円の補助を行っています。

インフルエンザ予防接種に補助

インフルエンザの予防接種日において資格のあるすべての組合員・家族を対象に、接種費用に関わらず1人あたり2,000円を年度内2回まで補助します。
インフルエンザ予防接種の種類は流行性・季節性を問いません。

介護保険をつかった住宅改修の補助

介護保険の住宅改修制度の給付を受けた組合員・家族被保険者を対象に、組合員が施工した場合、10万円を限度に補助します。

24時間いつでも無料で相談できる健康相談室

電話による相談窓口として「中建国保健康相談室」を開設し、次のような被保険者のみなさんからの問い合わせに対し、年中無休・24時間体制で医師や保健師等が指導及び情報提供を行います。
①健康・医療・育児・看護・介護等の相談
②夜間・休日の医療機関案内
③医療機関情報及びシルバー介護情報サービスなど

月額保険料






ゼンフク
(全福岡県建設労働組合)

〒830-0112
福岡県久留米市
三潴町玉満2701番地の8
TEL.0942-64-4262
FAX.0942-64-5521

──────────────
1、中建国保
2、労災保険
3、建退共
4、共済
5、税金申告
6、全労済
7、その他

─────────────